天寿(大井建史社長)秋田県

秋田県からは天寿の大井建史社長が参加

蔵の目指すところは

鳥海山の清冽な伏流水で

秋田の地でできる最高の酒を醸すこと

 155-0701daiginjo2018-hayashi

地元に根差した酒造りにこだわり

酒造りは米作りからと考え、酒米は全て契約栽培米

常に酒と向き合う姿勢を持ち続け、佳い酒造りを目指している

 014-0701daiginjo2018-hayashi003hayashi-daiginjou2017

出品酒の純米大吟醸 鳥海山は

天寿酒米研究会産酒造好適米を50%に磨き

東京農大花酵母(ND-4)で醸しあげた

芳醇な香りとジューシーな酸味が特徴

日本酒度は+1.3

杜氏は一関陽介

 

2018KURAMASTERで鳥海山がプラチナ受賞

 天寿の大吟醸はこの酒で100歳までのおめでたい酒

つまみは秋田名物いぶりがっこ

 220-0701daiginjo2018-hayashi

古文書を学んでいた6代目の大井社長がが解読したところ

初代が分家した年月日がわかり

創業年1874年としていたが

44年古くなり、1830年に変更したそうだ

これは秋田の地元新聞で大きな話題として取り上げられた