燗酒と炭焼きあんばい

宮崎市の中央通りの真ん中あたりに

炭焼きあんばいがある。

お店を任されているのが楠木進太郎氏

蕎麦を打つのが那須氏だ、

2人とも大吟醸を楽しむ会では

毎年ボランティアとして手伝って頂いている方々だ

 

今日は焼き鳥と蕎麦と燗酒で楽しむ趣向とか

最初は酒盗人のポテトサラダ

鶏ときのこのムース、まずはるみ子の酒 きもと

 _

そばがき 0.85

人間の体の塩分が0.85%なので

蕎麦が気をその塩分濃度で作り

そば湯にだだちゃ豆のすり流しを加えたもの

このアイデアも素敵だし味もとても美味しい

 _

串は進太郎氏のパフォーマンス

イケメンがかっこよく塩を振る姿はなかなか良いものだ

礼儀正しく接遇もとても気持ち良い

 _

ねぎま、つくね、白レバー

小ぶりな串は燗酒にはとても合う

神亀、竹鶴、などを楽しむ

内側のモモ肉の筋肉の希少部位の旨さが秀逸だった

 _

鶏むね肉のカツや蕎麦豆腐とみょうがの醤油漬け

手羽先のすき焼き風を食べるころには

お燗酒もどんどん進む

ちろりや弁天娘を楽しむ

 _

〆は那須氏の手打ちそば、一段と旨くなったと感じる

思わずお替りをしてしまった

_ 

 

料理の進化度   ★★★★

 

炭焼きあんばい

宮崎市中央通り7-30たそがれビル1F

0985−22−2189

水曜休み