李白酒造(島根・松江)

松平藩 18万6千石の静かな城下町 松江
この水と緑の町に
明治15年創業の銘酒 李白がある
若槻礼次郎が昭和3年に命名
彼が生涯愛した酒としても有名である
李白の先代の田中竹次郎氏には人生の師として
大変お世話になり
人としてどう生きるか、気配りなど様々なことを教えていただいた
先代は早くから海外に目を向け
今ではそれがアメリカ、香港、シンガポールをはじめ
ヨーロッパ、ブラジルまで輸出を拡大している
まさに出雲の国から世界をはばたく酒蔵である
蔵見学に前にまずは腹ごしらえ
八雲庵という蕎麦屋さんにお邪魔する
出雲蕎麦は
蕎麦の皮もすべて使ったそばで黒いのが特徴
するすると入って行く
少し出汁が甘目かなあ・・・・・
酒はもちろん李白の純米酒
スッキリ爽やかで飲み飽きないお酒で
蕎麦と酒の相性はやはり抜群!
若女将に年を聞くと
それは企業秘密とは・・・・・・ うまい答え
IMG_9600
さて蔵見学は若き社長
田中裕一郎氏に案内いただいた
今は大吟醸の仕込みの真っ最中
この蔵は出雲杜氏の伝統と
近代技術の粋が融合して
新しい李白の酒を造っている
IMG_9605
田中社長曰く
伝統の手仕事はしっかりとして残し
機械にさせるところは徹底的に機械に仕事をさせる
その上でいい酒を醸していく
地元産の五百万石、山田錦が主流の酒造りを行っている
蔵人も若い
先代の築いた基礎を元に
若い情熱と努力で松江の新しい銘酒を造っている
そんな思いを実感した見学だった
最後は田中社長とお母さんの由美子さんと妹さんで記念写真
妹さんは宮崎の大吟醸を楽しむ会に
行きたがっていらっしゃるよう!
 IMG_9609IMG_9613