出羽桜(山形)仲野益美社長

山形県出羽桜の仲野益美社長

山形県酒造組合の会長でもある

仲野会長になられると同時にIWC審査会の誘致に乗り出され

昨年山形でIWC審査会を開催された

IWCとはインターナショナルワインチャレンジ酒部門のことで

ロンドンで開催される世界最大のワインコンテストの酒部門で

5月に各部門ごとにトロフィーが決定して

7月にチャンピオンサケが決定する

出羽桜はIWCチャンピオンサケを2回受賞され

今年もIWC地域トロフィー、ゴールドを受賞

地酒の礎を築いた蔵としても有名だが、近年はIWC、金賞など

受賞の常連蔵としても名高い

仲野社長のスペシャルインタビューでは

日本酒は最後に遅れて来た世界に冠たるアルコールだとおっしゃったことが印象深い

プリンセスミチコの誕生のお話なども是非お見逃しなく!

 

 

今年の出品酒は山形県酒造好適米雪女神を

35%に磨き上げで醸した出羽桜雪女神3割5分

日本酒度は0

麗しい香りと透明感のある味わい

話題のプリンセスミチコは気品高い味

つまみはポッセのくんせいおつまみ

蔵元も酒造りに携わるの家訓通り

毎年タンク一本の大吟醸を社長自ら造られているのも凄いことだ