初孫とこい勢

庄内空港の程近くに初孫の蔵がある
工場は近代的な設備が導入されている
人力に頼る部分は生かしながらも、効率的な機械化を図っている
初孫といえば生もと仕込
100%生もと仕込という全国でも類を見ない蔵でもある
 IMG_1875
生もとは江戸時代に確立された
昔ながらの酵母育成法
今の日本酒の造りはほとんどが速醸法だ
それだけ生もと仕込みは時間も手間もかかる
しかし味わいに幅と奥行きがありしっかりとした旨さと
後味の切れも良くなる
 IMG_1873
絞ったばかりの大吟醸を味わう
さて見学の後は酒田の町を少し見学
庄内米の倉庫だったという山居倉庫
ここから北前舟で米を江戸まで運んだのだという
IMG_1894IMG_1896
そして廻船問屋として栄えた本間家旧本邸
玄関の赤松が素晴らしい
そういえば酒田には大吟醸だけを造っている
蔵元がある
楯野川という銘柄だ
宮崎で一度飲んで旨かった印象があるが
とても人気で最近はあまり手に入らないようだ
地元の酒屋で手に入れて試飲!
軽快な口当たりと優しい余韻
なるほど!良い酒だ
 IMG_1905
酒田の寿司 こい勢へ・・・・
地魚寿司を頼む
のど黒や甘エビ、鰤をはじめとして日本海の海幸がずらり
IMG_1900
IMG_1901
酒はもちろん初孫の代表的銘柄
初孫 純米生もと
冷で飲んでも酒のうまみがしっかりしている
御燗にしたらもっと味が膨らむだろう・・・・
IMG_1903
寿司も旨い!
酒も魚介類にも良くあう
寿司と酒に舌鼓を打ちながらほろ酔い気分だ