第2回北を愛でる酒と肴(報告)

第2回北を愛でる酒と肴が

9月1日札幌パークホテルで

全国から40蔵元が札幌に結集して

800名の参加で開催された

この会は宮崎で開催されている大吟醸を楽しむ会の姉妹会

大吟醸を楽しむ会のプロデューサーの満元氏が第1回から世話人として参加している

札幌の会の会長である札幌観光協会の柴田龍会長がまず挨拶

元祖は宮崎がルーツの会だが

良く北海道にこれだけの素晴らしい蔵元が集まっていただいたことに

感謝を申し上げたいと挨拶

この会の魅力は北海道の珍味を満喫できること

蟹やうに、刺身、そして北海道の各地の郷土料理などなどが

満載の会だった


7月にお世話になった蔵元に挨拶した

浦霞の佐浦さん、水芭蕉の永井社長、福光屋の福光専務



南部美人の久慈社長

横は世話人の小嶋社長と効き酒師の鎌田さん

富山の満寿泉は高井さんがお越しになっていたが

そのサポートにねんじり亭の三浦さんが来られていて

びっくり!

宮崎の大吟醸を楽しむ会でもつまみ料理を長年お世話になった方でもある

ラベルが面白い

世話人代表の今井社長とMCの青山さん

2回目だがお客さんの反応も大好評で

これからも宮崎と札幌が連携して切磋琢磨しながら

進化をして行きたいと考えます

今井社長をはじめ関係者の皆様お疲れ様でした!