忘年会@目黒雅叙園

今年も、去る12月13日に『日本の酒と食の文化を守る会』の忘年会が

東京の目黒雅叙園・鷲の間で開かれた。
毎年恒例ながら、この忘年会は村田淳一会長の微細なこだわりの
お陰で贅沢三昧だ。
IMG_1243.JPG右側が村田会長 左が鳳楽師匠
まず、宴会の前に古典落語鑑賞がある。
噺をしてくださるのは、『日本の酒・・・守る会』の名誉会員でもある
三遊亭鳳楽師匠(さんゆうていほうらくししょう)だ。
鳳楽師匠というと、再来年にはいよいよ円生を襲名することが決まり
落語会ではまさに時の人。
今年の御題は、『木乃伊取り』(みいらとり)。
鳳楽師匠の高座で聴くのは二度目だが、何度聴いても登場人物の
違いがみごとに演じられていて、とても一人で演じているとは
思えない。これこそ、落語の神髄だ。
今回は、特に『飯炊きの権蔵』の訛りが良い味をだしていた。
たっぷりと落語を楽しんだあとは、いよいよ宴会。
今年も全国から32の日本酒の蔵元のお酒と、蔵元さんご本人が出席。
宴会のはじまりは、蔵元さん達のごあいさつから。
近況や小咄、駄洒落を交えてのあいさつを聴くのも、日本酒好きな参加者には
楽しい余興の一部でもある。
今年は、長野の桝一酒造の社長でもあるセーラさんが、かわいい赤ちゃんを
連れて久々の参加だった。
IMG_1238.JPG
セーラ社長と愛息のウィリアムくん
毎年出席者が200名にも及ぶが、全員のお名前、肩書きはもちろん
本日の出品酒の細かい情報(小売り価格まで)がリストアップされている。
さあ、いよいよ乾杯! ご発声は、ローソンの新浪社長。
『日本酒で乾杯』の普及について、熱く語っておられました。。。
IMG_1240.JPG
IMG_1239.JPG
あとは、飲めや語れやの大宴会。今年は例年以上に熱気があり
着座なのに、何故か立って談笑している方々が多かった。
大人数だが、雅叙園の頑張りで料理は、八寸から造り、焼肴、椀物、揚げ物
強肴、ご飯、止め椀、水菓子と欲張りな献立。
そして忘年会の締めは、大抽選会。
IMG_1242.JPG
日本酒、焼酎をはじめ、あとは出席者から提供された賞品の数々。
今年の目玉は、フェニックスリゾートシーガイアの河本社長が忘年会
初参加ということで、ホテルオーシャン45のペア宿泊券だった。
(若いご夫婦がゲットして、大喜びしていました♪)
来年も、鷲の間で全国の蔵元さまと皆様に元気でお会いできますように。
そして年の瀬&新年も、『日本酒で乾杯!!』