2018日本の酒と食の文化を守る会忘年会

日本の酒と食の文化を守る会(村田淳一会長)の忘年会が

全国31蔵元の参加で

12月9日 目黒雅叙園で開催された

第一部は三遊亭鳳楽師匠の落語

妾馬(めかうま)

殿と八五郎の掛け合いは大変面白い

めでたい席には絶好の落語だった

蔵元の一分紹介はいつもながら面白い

中でも増田社長は「和食と日本酒」と言う本を書かれたそうだ

乾杯はサントリーの新浪社長と豪華な顔ぶれ

辻本店の辻さん

日本酒のコピーがCRYBABY

搾りたての日本酒だからだという

このような柔軟な発想が日本酒を変えていけるのかもしれない

加藤本店の加藤団秀社長

蔵のそばに町家をリノベーションして資料館と

100席ほどの部屋を作られたそうだ

会議や宴席にも使用できるそうだ

司牡丹の竹村社長は土佐学協会の理事長として

チコちゃんに叱られるの番組に出演

何故カツオのたたきは炙っているのにたたきなのか?

答えは手でたたいているからと説明された

約200名の出席者はお酒と31蔵元さんとの話で

盛り上がった

来年も日本酒にとっても良い年でありますように!