獺祭・山口県(桜井一宏副社長)

今全国や世界で人気の酒となっているのが獺祭
久しぶりに桜井副社長がお越しになった
以前来られた時は常務だった
 
今回の出品酒は
獺祭 磨き2割3分
今年のIWC純米大吟醸部門でトロフィー賞を受賞した

07072013_039.JPG07072013_097.JPGのサムネール画像

 
山田錦を極限の23%に磨き
お米の芯だけで醸した酒
杜氏は西田英隆杜氏
 
ツマミはもちろんフグ刺し
07072013_268.JPG
 
新工場ができて生産体制は整っているのだが
原料の山田錦がないという
日本の農業強化のためにも何とかしてほしい問題でもある
 
また富士山ラベルを限定で発売した
この売り上げはすべてユネスコ協会、就学支援奨学金へ寄付すると言う
桜井社長ならではの太っ腹である
 
獺祭の挑戦はこれからも大きな挑戦が始まっていく
獺祭 その先へ(3万円) を新発売
外国人記者クラブでの発表など社長ならではのユニークさも楽しい
日本酒のロマネコンティを目指しての取り組みにも
頭が下がる
東京には直営で獺祭23のバーを出した
将来的にはパリ、ニューヨークで出店を計画中
 
獺祭のブランド力を地道にニューヨークで続けてきた
副社長の頭の中にも世界展開とブランド化の大きなプランが
すでにできあがっているのだろう